水虫のようなしつこいカビ菌には抗真菌薬がとても効果的です。水虫にも種類はありますが抗真菌薬を根気よく使い続けることで治りづらい水虫を完璧に治すことができます。足の裏の皮がむけてきて痒み等を感じたら直ぐに治療を開始しましょう。

水虫の感染経路に注意、強力な抗真菌薬で根治

水虫の感染経路には主なものがいくつか考えられますから、それに注意しておけば水虫に罹るリスクを減らすことができます。水虫は足の裏や指がなっている人が多いですので、不特定多数の人が裸足になる場所が感染経路になる可能性が高いです。銭湯、サウナ、プール、体育館、学校の柔道場、剣道場などです。学校の部活動で一人に水虫菌がいれば、感染力が強力なのであっという間に大勢にうつってしまいます。裸足でやるスポーツを日頃からやっている人もそうですが、1日だけプールに出かけるような場合でも、注意しておくにこした事はありません。まず、前もって抗真菌薬を塗っておくというのが効果的です。もちろん事前の段階では足に真菌はついていないのですが、最近の強力な抗真菌薬は治療だけではなく、予防の目的でも使うことができるのです。そしてそこから帰る時にしっかり足などを洗うことです。その日のうちに菌を落としてしまえば発症することがありません。プールやサウナなどでは、足を洗って帰ろうとしてもまた出口で菌が付くかもしれませんので、家に帰ってからまた再度洗うぐらいが万全です。また、水虫の菌は高温多湿が好きですので、しっかりと水気をとって乾かすと、なお効果的です。家庭が経路になり、自宅内で他の家族から感染することも多いです。菌が付いてからかゆみが起きたりするまでに期間がありますから、感染に気付かず家の中をその人が歩き、スリッパやマットを共用しているうちに、家族みんなに広まってしまうのです。日頃からスリッパやタオルは個人で使い分けたり、玄関やお風呂のマットを頻繁に洗ったりすることが大事です。もし水虫になってしまっても、今は強力な抗真菌薬がありますから、きちんと薬を使っていけば完治させることができます。