抗真菌薬で水虫を完璧に治そう

水虫のようなしつこいカビ菌には抗真菌薬がとても効果的です。水虫にも種類はありますが抗真菌薬を根気よく使い続けることで治りづらい水虫を完璧に治すことができます。足の裏の皮がむけてきて痒み等を感じたら直ぐに治療を開始しましょう。

抗真菌薬は水虫によく効く

水虫は不治の病として毛嫌いされる感染症という認識を長らく受けてきました。そういった印象が根強いのが事実であるものの、実際に水虫にかかってしまっている人にとっては朗報があります。真菌感染症である水虫は白癬菌が原因となっているものであり、白癬菌に対して殺菌的に作用する抗真菌薬がなかったことが治療を難しくする原因でした。しかし、殺菌作用のある抗真菌薬がいくつも開発されたことによって現在では完治が可能なものとなっています。水虫の病態にもいくつかのものがありますが、どういった症状であっても有効性の高い抗真菌薬が開発されていることから、既に恐れるべき感染症ではなくなっているのが事実です。皮膚に感染している場合には塗り薬が数種類開発されており、それを根気よく塗布することによって完治することができます。一方、爪水虫のように直接塗布しにくい場所に感染がある場合には飲み薬を使用することもできます。飲み薬は塗り薬に比べると副作用が生じやすいという問題はありますが、人にはなく、真菌にはあるものをターゲットとする医薬品であることから、重篤な副作用を心配する必要がほとんどないのが特徴です。長期間使用することが完治するためには不可欠になりますが、それによって副作用に悩まされることは稀になっています。ただし、気をつけなければならないのが治ったと思ってもすぐには使用をやめないということです。症状が現れなくなってもまだ水虫の原因菌である白癬菌が生き残っている可能性が高いからです。そのため、症状がなくなってからもしばらくは抗真菌薬の使用を続けて、最終的には医師の診断を経て治療をやめるというようにすることが大切です。

■真菌の感染症に
ニゾラール
■短期間でしっかりとした効果
ラミシールで水虫完治に成功